日焼け止めの「SPF」と「PA」について│基礎化粧品

シェルモールロゴ

コスメ・基礎化粧品通販【乾燥肌・美容・アンチエイジング・ニキビ】 CHERMALL

支払い方法

夏の必須アイテム日焼け止め

SPFとPAの違いと効果について

夏の紫外線は強く、日焼け止めを塗り忘れると、すぐに赤くなったり日焼けしたりと、女性にとっては大敵の夏。

また、ここ数年は美白ブームが続いていますから、焼けるのはNGですよね。

さて、そんな夏の強い紫外線から、身を守ってくれるのが日焼け止めですが、この日焼け止めには「SPA」と「PA」の二つが存在します。
SPAとは、サンプロテクションファクターの略で、紫外線から肌が赤くなるのを防ぐ効果(UVA)があります。
最大がSPA50となっていて、数字が上がれば効果が強くなります。

PAとは、プロテクショングレイドオブUVAの略で、紫外線から肌が黒くなるのを守る効果(UVB)があります。
PAの最大値は+が多い方が強く、最大値はPA++++となります。

どちらも数値が高い方が、紫外線からお肌を守るには最適ですが、同時にお肌のダメージも高くなります。
そのため、日ごろは強い日焼け止めを使用するのは避け、レジャーなど長時間紫外線に当たるときに、数値の高いものを使用するなど、上手く使い分けてください。

日焼け止めを使った後は、しっかりとお肌をケアすることも忘れずに。