美白化粧品は肌を白くする化粧品ではない

シェルモールロゴ

コスメ・基礎化粧品通販【乾燥肌・美容・アンチエイジング・ニキビ】 CHERMALL

支払い方法

美白化粧品

美白化粧品とは
美白化粧品の美白という感じから、「美白化粧品=肌を白くする」というイメージが先行していますが、正確にはこれは正しくありません。
雑誌やCMのイメージが強すぎるせいか、仕方がないことなのですが、間違った思い込みをしてしまうと、高い化粧品を購入したのに効果がなかったということになりますので、その点には注意してくださいね。
そもそも美白化粧品とは、紫外線による日焼けのシミ・ソバカスなどを防いでくれる成分のことを言い、ビタミンC誘導体やコウジ酸・リノール酸・ハイドロキノンなどの国が認めた成分が含まれている化粧品です。
多くの化粧品は医薬部外品扱いなので、これらが含まれている化粧品が美白化粧品であり、これらの成分が含まれていない化粧品は、美白化粧品ではありません。
そのため、ドラッグストアなどで美白の白を基調とした色で販売されていても、安易に信じずに、成分などを確認した上で購入することが大切です。
ただ、これらの成分が含まれていても、先ほども言いましたが、お肌を白くするものではなく、紫外線などの影響でお肌で作られるメラニン色素を抑えてくれるものなので、使ったからと言ってすぐに効果がでるわけではありません。
具体的にはケアしつつ、お肌のターンオーバーを正常にすることで、その効果を期待できるので、コスメを使って肌が白く感じられるのは、あくまでも一時的な効果でしかありません。
ですが、お肌をきちんとケアすることがとても大切で、紫外線は年中降り注いでいますので、夏だけケアすればいいというものではありません。
美白成分にはいくつかの種類がありますので、自分のお肌に合ったものを選び、一年中利用することが好ましいと言えます。